Home Link

自動車

今日、新しい技術開発により、多くの自動車用途でプラスチックの使用が広がっています。

自動車用途のプラスチックにおいては、内外装部品用の効果的な添加剤のニーズが高まっています。車両は、機械的特性と耐久性に影響を与える厳しい環境条件に常にさらされているため、耐候性の向上は重要な要件です。

 

ヒンダードフェノール系酸化防止剤に代表される耐熱安定剤は、熱に晒されることによる酸化からプラスチック、合成ゴムを保護し、機械的特性の損失や外観劣化を防ぐのに役立ちます。 BASF の Irganox®<イルガノックス>、Irgafos®<イルガフォス>、および Chimassorb® <キマソーブ>は、自動車の内外装の長期的な熱安定性を向上させます。

 

光安定剤は、プラスチック部品の外観と機械的特性を維持するのに役立ちます。 BASF の Tinuvin®<チヌビン>、Chimassorb® <キマソーブ>および Uvinul®<ユビナール>等の 光安定剤は、ポリプロピレン (PP)、強化 PP および PP / 熱可塑性ポリオレフィン (TPO) 、ポリカーボネート、ポリアミド、ABS、ポリアセタール樹脂向けで、熱、光、水、およびその他の環境要因での暴露によって引き起こされる劣化からプラスチックを保護します。