Home Link

建設・建築

プラスチックは、建築および建設資材用途にも幅広く使用されています。

プラスチック窓枠は、アルミニウムよりも優れた断熱特性を持ち、木製よりも低メンテナンスが期待できます。

プラスチック製のデッキやフェンスは、木製品よりもメンテナンスが少なく、耐久性が高くなります。

プラスチックフィルムは、プラスチックは窓のガラス特性を向上させ、窓をより安全にし、エネルギー効率を高めます。

プラスチック製の床材は、デザインの幅が広く、スポーツ アリーナなどの要求の厳しい用途では他の素材よりも実用的です。

プラスチックパイプでは、取り付けと保守管理が容易です。

プラスチックメンブレン<防水シート材>は、屋根、地下室、プールなどの防水を必要とする用途において、技術的および審美的な柔軟性が求められます。

ガラス代替、グレージング用途では、プラスチックはガラスよりも軽量であるため、建物の構造をコンパクトにすることができます。

 

耐熱安定剤は、光・熱にさらされることによる酸化劣化からプラスチックを保護し、プラスチック自体の機械的特性の損失や美的障害を防ぐのに役立ちます。 BASF の Irganox®<イルガノックス>、Irgafos®<イルガフォス>、および Chimassorb® <キマソーブ>などは、建築および建設用途における長期的な熱安定性を向上させ対候性も付与します。

具体的な添加剤用途として下記が挙げられます。

  • 建材建築向けガラス代替
  • フローリング
  • 防水シート材
  • パイプ、導管
  • プラスチック製の座席・ベンチ
  • 屋根材
  • 窓枠、サイディング、フェンス
  • ウッドプラスチック(Wood Plastics Composites)