Home Link

機能性付与剤

機能性付与剤とは

プラスチックの製品価値を高めるため、プラスチック添加剤を用いて新しい性能を付与するものです。

Irgaclear® (イルガクリアー)、Irgastat® P (イルガスタット)、Tinopal® (チノパール)、Irgatec® CR (イルガテック)は、BASFの機能性付与剤の中核を成すブランドです。

 

BASFプラスチック添加剤は下記製品群を取り揃えております。

 

・Irgaclearは透明核剤です。主にポリプロピレン樹脂向けで極めて低添加量で優れた透明性を発揮いたします。

・Irgastat P は永久帯電防止剤です。プラスチックへの静電気の蓄積を防ぎ、衛生面や美観に寄与します。

・Tinopal は蛍光増白剤です。紫外線を吸収し、吸収したエネルギーを波長変換により可視光の紫色から青色に放出する添加剤で、複数のポリマー種に適用可能です。例えば、プラスチックの初期着色の改善、解決策となります。

・Irgatec CRは、ポリプロピレン樹脂向けのレオロジー改質剤です。押出加工中のポリプロピレンのメルトフローレートを大幅に増加させ、用途のニーズに合わせてメルトフローを調整する添加剤です。低添加量で効果を発揮し貯蔵安定性にも優れます。パーオキサイド系の改質剤の課題を解決します。