Home Link

光安定剤

Tinuvin®(チヌビン)、Uvinul® (ユビナール)、 Chimassorb®(キマソーブ) シリーズはBASFの光安定剤の中核を成すブランドです。

 

ヒンダードアミン系光安定剤(HALS)とは

プラスチックの外観、化学的・物理的特性を維持するため、光酸化劣化反応により生成するラジカルを捕捉安定化し、プラスチックの劣化を抑制します。安定化プロセス中でHALS自体が消費されるのではなく再生される循環プロセスによるもので、幅広いポリマー種の変色や劣化を防ぎます。

低分子型HALSは主に射出成型品のような厚物に、高分子型HALSはフィルム、繊維のような薄物のプラスチック製品に効果を発揮します。

Valeras_Formula_V2

Hindered Amine LS: Deactivation of Free Radicals

紫外線吸収剤(UVA)とは

有害な紫外線を吸収し、熱エネルギーとして放散することによって、劣化の起点となる発色団の励起を抑制し、プラスチック製品の光安定化に寄与します。

BASFの紫外線吸収剤は、シアノアクリレート系、ベンゾフェノン系、ベンゾトリアゾール系、トリアジン系と幅広い製品ポートフォリオを有し、幅広いポリマー種に対応します。

Valeras_Formula_V2

UV Absorbers: Converts UV Light Into Heat